経営者は監督に徹しないといけない。

最近、経営する上で、常に監督に徹しようと決めています。

自分自身、経営者に成り立ての時は、チームのエースに成りたがって仕事をしていたと思います。

スポーツで話をします。
優秀な選手でいるためには、自らの技能を磨く必要があります。
一方、優秀な監督でいるためには、戦略・戦術を考え、どうやってチームを勝利に導くかを考え続ける必要があります。

選手と監督というのは、全く別物です。
だからこそ、優秀な選手が、優秀な監督に必ずなるわけではなく、逆もしかりです。

仕事に話を戻します。
仕事において、経営者になる人物は、優秀なプレイヤーである事が多いです。
そして、優秀なプレイヤーが経営者になると、監督ではなく、チームのエースになろうとしてしまいます。

経営者がチームのエースになろうとすると、営業や企画、デザインなど、自ら全ての事をしたくなります。
ただ、そうなった場合、チームメンバーは、仕事を奪われたり、指示された仕事しか出来なくなってしまい、本来の力を発揮出来なくなってしまう事が多いです。

この事に気付いてから、僕は経営スタイルを変えました。
自らは監督に徹し、メンバーに最も力の発揮出来る役割を与え徹底的に任せるようになりました。
それまでの僕は自ら試合に出て点を決めたがる駄目な監督でしたが、今はメンバーが仕事の成果を出す事に全ての力を使い、その結果成果が出る事が一番嬉しく感じる様になりました。

また、監督の役割で経営する上で、メンバーが得意な事に100%集中出来るように意識しています。
スポーツで言えば、フォワード型の性格な人に、ディフェンダーのようなポジションに付けても活躍はできません。
今は、メンバーの性格や長所をしっかりと理解し、得意な所に集中出来る環境を用意して、自分はその短所をサポートするようにしています。

これからも監督に徹して、シロクというチームを大きな勝利に導きたいと思います。

Comments are closed.