【社内用】16入社からスタートアップ枠が出来ます。

完全な社内向けの投稿です。特に2016年入社の内定者の皆さんに見て頂きたいです。
16入社の配属先として、今回から”スタートアップ枠”が新たに新設されました。

例年スタートアップは内定者の皆さんに適切なアピールが出来ていないと考え、2016年からは、社内スタートアップ全体でアピールをして魅力を伝えて行きたいと考えています。
今回は、以下の子会社が各1-2名ほどの定員で、合計15-20名ほどの枠があります。

スタートアップ枠に含まれる会社は?
CAグループに所属する社内スタートアップがまとまっている配属先です。含まれる子会社は以下の子会社です。
スタートアップ枠

toC系(メディア系)
タクスタ
AMESTAGE
マッチングエージェント
ブックテーブル
Ameba古着屋

toB系(広告系)
渋谷クリップクリエイト
CyberBull
WAVEST
Uniface
シロク

その他系
サイバーエージェントクラウドファンディング
ハシゴ

何が魅力?
配属先として社内スタートアップを選択する魅力は何があるでしょうか。私は、オーナシップと市場創出が魅力だと考えています。
社内スタートアップは、一つの会社として独立採算で事業を行っています。その為、時には事業自体の変更など大きな変化もあります。このような環境で最初から働く事で、新卒の内から事業に対してオーナーシップを感じる(持てる)可能性が高いです。
また、社内スタートアップに課されているのは、サイバーエージェントのフロンティアの開拓だと考えています。大きな事業部だとまだ市場が小さすぎる場合や、参入するリスクが大きい場合などに子会社として事業を行っていく事もあります。若い内から市場創出を経験する事で、将来自分自身が自ら市場創出できるようなメンバーになれる可能性もあります。

スタートアップ枠に向いている人
サバンナのような環境の方が、自分には向いていると感じる人にはオススメです。社内スタートアップは出来たばかりの会社や、事業内容が完全に固まっていない事も多いです。その為、他の事業部と比較しても朝令暮改の数も多いと感じます。また、育成は人によってではなく、環境によってという形になる事もあり、自ら考え、自ら動けるメンバーでないと戸惑いも生まれてしまうかもしれません。逆にいうと、とにかく環境だけ与えられて、自分で考えて仕事をしたいという方には是非来て頂きたいです。

最後に
今年は4/1に配属先希望を出すスケジュールという事で、内定者の皆さんと接点を持つ機会が例年より限られています。私に連絡をもらえれば、スタートアップを直接紹介したり、現場での体験も積極的に斡旋しようと思います。
スタートアップに興味ある内定者の方は、是非Facebookやメールでお気軽にご連絡を下さい。

飯塚のFacebookはこちら

 

 

Comments are closed.