勝つ人は、勝とうとする人。

仕事において、意思力が成果に与える影響は大きいと思います。
勝つ人は、勝とうとする人。
当たり前の事ですが、これが真理だと思います。

学生の頃読んだ「思考は現実化する」という本では、下記のように書かれていました。

「われわれがこの世界から見出すのは成功は人間の意志によってはじまる。すべては人間の精神状態によって決まるということだ。」

目標が達成しやすい人は、下記の二つの要素があると思います。
①本当に目標を達成しようという意思がある。
②達成する上で苦難などがあっても意思をブレず持ち続けている。

②に関しては、常に深層心理で目標を刷り込ませる事が分かりやすい方法なのだと思います。
その方法として、経営者でも自分の意思力を維持するために色々している方が多いです。

・GMOインターネット 熊谷社長:手帳
http://toyokeizai.net/articles/-/31254

・Square CEO ジャック・ドーシー氏:リスト
http://logmi.jp/4384
http://www.lifehacker.jp/2013/10/131031jack_dorsey.html

まずは、目標を設定すると同時に、強い意思力を持つ事。
そして、意思力が失われない様に達成したい願望を維持する事。

自分自身も強い意思力を持ち、且つ、ブレずに持ち続けられるように意識したいと思います。

経営者は監督に徹しないといけない。

最近、経営する上で、常に監督に徹しようと決めています。

自分自身、経営者に成り立ての時は、チームのエースに成りたがって仕事をしていたと思います。

スポーツで話をします。
優秀な選手でいるためには、自らの技能を磨く必要があります。
一方、優秀な監督でいるためには、戦略・戦術を考え、どうやってチームを勝利に導くかを考え続ける必要があります。

選手と監督というのは、全く別物です。
だからこそ、優秀な選手が、優秀な監督に必ずなるわけではなく、逆もしかりです。

仕事に話を戻します。
仕事において、経営者になる人物は、優秀なプレイヤーである事が多いです。
そして、優秀なプレイヤーが経営者になると、監督ではなく、チームのエースになろうとしてしまいます。

経営者がチームのエースになろうとすると、営業や企画、デザインなど、自ら全ての事をしたくなります。
ただ、そうなった場合、チームメンバーは、仕事を奪われたり、指示された仕事しか出来なくなってしまい、本来の力を発揮出来なくなってしまう事が多いです。

この事に気付いてから、僕は経営スタイルを変えました。
自らは監督に徹し、メンバーに最も力の発揮出来る役割を与え徹底的に任せるようになりました。
それまでの僕は自ら試合に出て点を決めたがる駄目な監督でしたが、今はメンバーが仕事の成果を出す事に全ての力を使い、その結果成果が出る事が一番嬉しく感じる様になりました。

また、監督の役割で経営する上で、メンバーが得意な事に100%集中出来るように意識しています。
スポーツで言えば、フォワード型の性格な人に、ディフェンダーのようなポジションに付けても活躍はできません。
今は、メンバーの性格や長所をしっかりと理解し、得意な所に集中出来る環境を用意して、自分はその短所をサポートするようにしています。

これからも監督に徹して、シロクというチームを大きな勝利に導きたいと思います。

世界で注目のエンタープライズスタートアップ21社。

今回は、米国を中心に世界で注目されているエンタープライズ分野のスタートアップを調べていきます。

 

1、BOX

スクリーンショット 2014-03-25 15.39.52

・法人向けクラウドストレージ。

・2005年設立。

・ユーザー数が2500万人、法人ユーザー数が18万。Fortune 500企業の97%がその中に含まれている。

・2014年1月末までの年間売上高は前年比111%増の1億2420万ドル

・CEOのAaron Levieは、1985年生まれ。

・社員数は、970名。

 

2、Birst

スクリーンショット 2014-03-25 15.41.28

・クラウドBI。

・2004年設立。

・ 社員数は、150名。

・現在までに、6400万ドルを調達。

 

3、Zuora

スクリーンショット 2014-03-25 15.43.45

・SaaS型の決済サービス。

・2007年設立。

・Salesforce.comやWebEx出身のメンバーにより設立された。

・社員数は、350名。

・現在までに、1.2億ドルを調達

・セールスフォース創業者のMarc Benioffも個人で出資を行っている。

 

4、AppDynamics

スクリーンショット 2014-03-25 15.48.27

・アプリケーションパフォーマンス管理ツール

・2008年設立。

・社員数は、390名。

・現在までに、8700万ドルを調達。

・売上高は、約1億ドル。

 

5、New Relic

スクリーンショット 2014-03-25 15.50.20

・SaaS型監視サービス。

・2008年設立。

・社員数は、388名。

・売上高は、約1億ドル。

・現在までに、1.7億ドルを調達。

 

6、Atlassian

スクリーンショット 2014-03-25 15.51.34

・2002年にシドニーで設立。

・代表サービスは、JIRA、Confluence、HipChat等。

・顧客数は、3万3000社。

・新規ユーザーは毎月900社ペースで増加。

・売上高は、約1.5億ドル。

 

7、GitHub

スクリーンショット 2014-03-25 15.55.32

・2008年設立。

・ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス。

・ユーザー数は、400万。

・現在までに、1億ドルを調達。

・社員数は、200名。

 

8、JAMF Software

スクリーンショット 2014-03-25 15.56.39

・2002年設立。

・法人向けデバイスマネジメントサービス。

・現在までに、3300万ドルを調達。

・顧客数は4000社。

・社員数は、275名。

 

9、Planet Labs

スクリーンショット 2014-03-25 16.01.43

・2010年設立。

・小型人工衛星による地球観測サービス。

・現在までに、6500万ドルを調達。

・NASAのエイムズ研究所出身の三人で立ち上げられた。

 

10、Apptio

スクリーンショット 2014-03-25 16.02.46

・2007年設立。

・プロジェクトマネジメントツール

・社員数は、350名。

・現在までに、1.3億ドルを調達。

・2014年中にIPOを行う予想。

 

11、MongoDB

スクリーンショット 2014-03-25 16.20.31

・2007年設立。

・NoSQLデータベース。

・社員数は、370名。

・現在までに、2.2億ドルを調達。

 

12、illumio

スクリーンショット 2014-03-25 16.24.26

・2013年設立。

・セキュリティサービス。

・社員数は、30名。

・現在までに、4200万ドルを調達。

・ステルス状態。

 

13、HubSpot

スクリーンショット 2014-03-25 16.25.23

・2006年設立。

・CMS、ブログ、Eメール配信、ソーシャルメディア運用、アクセス解析等、様々なツールが統合されたインバウンドマーケティングに最適化されたソフトウェア。

・社員数は、650名。

・現在までに、1億ドルを調達。

・売上高は、約50億円。

 

14、CoreOS

スクリーンショット 2014-03-25 16.26.23

・2013年設立。

・Linuxベースのクラウドオペレーティングシステム。

・Y Combinator出身。

・FounderのAlex Polviは、2010年(当時25歳)にCloudkickをRackspaceに3000万ドルで売却を行った。

 

15、Apigee

スクリーンショット 2014-03-25 16.31.30

・2004年設立。

・API管理サービス。

・社員数は、65名。

・現在までに、1億ドルを調達。

 

16、Apttus

スクリーンショット 2014-03-25 16.33.45

・2006年設立。

・セールスフォースの上で使えるソフトウェア。

・社員数は、250名。

・現在までに、3700万ドルを調達。

 

17、Huddle

スクリーンショット 2014-03-25 16.34.42

・2006年設立。

・SaaS型プロジェクト情報共有サービス。

・社員数は、200名。

・現在までに、3800万ドルを調達。

 

18、AlienVault

スクリーンショット 2014-03-25 16.35.41

・2007年設立。

・セキュリティサービス。

・社員数は、120名。

・現在までに、6600万ドルを調達。

 

19、Puppet Labs

スクリーンショット 2014-03-25 16.38.54

・2005年設立。

・オープンソースの構成管理ツール。

・現在までに、4500万ドルを調達。

 

20、SimpliVity

スクリーンショット 2014-03-25 16.45.56

・2009年設立。

・データストレージサービス。

・現在までに、1億ドルを調達。

 

21、Nutanix

スクリーンショット 2014-03-25 16.47.35

・2009年設立。

・仮想化に最適化されたインフラを提供するアプライアンス

・現在までに、1.7億ドルを調達。

・近い内にIPOをする予想。

 

参考記事: http://www.businessinsider.com/21-enterprise-startups-to-bet-on-2014-1?op=1

セールスフォースの買収した企業22社をまとめる。

シロクは、エンタープライズ分野でのビジネスを展開しています。

セールスフォースは、同じ分野でも大きく成功している会社です。今回は、そのセールスフォースの買収状況が気になり、簡単に調べましたのでメモがてら投稿します。

 

■Sendia
・2006年4月に買収
・買収額は1500万ドル
・ワイヤレスアプリケーション開発会社
・買収時の従業員数は35名
・買収時の顧客社数は79社
・現在は、Salesforce Classicとして提供されている

■Kieden
・2006年8月に買収
・Salesforce向けに、Googleを利用したウェブ広告キャンペーンの購入と管理を行えるサービス
・買収時の従業員数は4名
・買収時の顧客社数は45社
・現在は、Salesforce for Google AdWords

■Kenlet
・2007年1月に買収
・ソーシャルニュースサービス「Crispy」
・セールスフォース・ドットコムのIdeaExchangeの元となった

■Koral
・2007年4月に買収
・開発者がコンテンツベースのカスタムアプリケーションを構築するためのプラットフォーム
・現在は、Salesforce Contentとして提供

■InStranet
・2008年8月に買収
・買収額は3150万ドル
・コールセンター用ソフトウェア
・買収時の従業員数は44名
・現在はナレッジ機能として提供

■GroupSwim
・2009年12月に買収
・グループソフトウェア
・買収時の従業員数は9名
・現在は、Salesforce Chatter

■Informavores
・2009年12月に買収
・ビジネス・プロセスを設計する新たなビジュアル・ツールセット
・現在は、Visual Workflow

■Jigsaw
・2010年4月に買収
・買収額は、1億4200万ドル
・企業名簿サービス
・現在は、Data.com

■Sitemasher
・2010年6月に買収
・簡易Webサイトの作成/管理サービス
・収時の従業員数は12名
・現在は、Site.com

■Activa Live Chat
・2010年9月に買収
・エンタープライズ向けチャットツール
・現在は、Liveエージェント機能

■Navajo Security
・2011年8月に買収
・買収額は、3000万ドル
・イスラエルのスタートアップ
・リアルタイムデータセキュリティシステム

■Assistly
・2011年9月に買収
・買収額は、5000万ドル
・ヘルプデスクアプリケーション
・現在は、Desk.com

■Model Metrics
・2011年11月に買収
・モバイル/ソーシャルクラウドのコンサルティングサービス

■Rypple
・2011年12月に買収
・従業員評価システム

■Stypi
・2012年5月に買収
・リアルタイム・オンライン・コラボレーション・プラットフォーム

■Buddy Media
・2012年6月に買収
・ソーシャルメディアマーケティングプラットフォーム
・買収額は、6億8900万ドル
・コンテンツの公開、ソーシャル広告の出稿と最適化、ソーシャルメディア マーケティングプログラムの効果が測定できる
・現在のmarketing cloud

■ChoicePass
・2012年6月に買収
・社員報奨支援サービス
・4億7000万ドルの現金と1億8000万ドルの株式で買収。

■BlueTail
・2012年7月に買収
・イスラエルの会社
・データマイニング事業

■GoInstant
・2012年7月に買収
・共有ブラウジングサービス
・買収額は、7000万ドル

■Clipboard
・2013年5月に買収
・Webページ切り抜きサービス
・リリース約2年で14万人のユーザーを獲得し、およそ300万点のクリップが生成された。

■ExactTarget
・2013年6月に買収
・デジタルマーケティングソフトウェア
・買収額は、25億ドル
・2000年に創業、2012年にニューヨーク証券取引所に上場。従業員数は約1,700人。
・2012年の売上高は2億9,380万ドル。売上高の8割をアメリカ本国、2割を本国以外で稼いでいる

■EdgeSpring
・2013年6月に買収
・企業が自社の分析アプリケーションをつくるためのビジネス・インテリジェンス・ツール

IT企業の上場した際の情報をまとめる。

今は大きくなった企業が、上場時どのような状態・業績だったか等を簡単に整理しようと思います。

 

①楽天(目論見書

設立: 1997年2月

事業の状況:

・楽天市場と楽天オークションの2サービスを展開。売上の比率は、90%以上が、楽天市場。

・店舗数は、1期目 75店舗、2期目 303店舗、3期目 1660店舗。

・従業員は、3期目で46人。

スクリーンショット 2013-09-23 15.46.24

rakuten

 

 

②サイバーエージェント (上場時会社概要)

設立: 1998年3月

事業の状況:

・クリック保証型インターネット広告サービスが事業の中心。全体の70%の売り上げを構成。

・平成12年1月時点で、役員8名、従業員45名。

・クリック保証型サービスの開発は、オン・ザ・エッジ(ライブドア)に業務委託。

スクリーンショット 2013-09-23 15.47.27

ca

 

③オン・ザ・エッジ (上場時会社概要)

設立: 1997年4月

事業の状況:

・事業は、ウェブ制作、ウェブ管理、ウェブ手数料(サイバーエージェントとの事業における収益)。

・ウェブ制作の構成比が70%、ウェブ管理8%、ウェブ手数料22%。

・平成12年1月時点で、役員8名、従業51名。

スクリーンショット 2013-09-23 15.48.26

edge

 

④DeNA (目論見書)

設立: 2000年3月

事業の状況:

・オークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」が事業の中心。

・Webコマース事業の構成比は、6期目時点で97%。

・6期目の従業員は、101名。

・6期目で通期初黒字。

スクリーンショット 2013-09-23 15.49.38

dena

 

⑤グリー (目論見書)

設立: 2004年12月

事業の状況:

・インターネットメディア事業が中心。

・SNS「GREE」のユーザーが、上場時で716万人。月間82.7億PV。

・4期目時点での構成は、課金収入15.6億円、広告収入12.7億円。

スクリーンショット 2013-09-23 15.50.12

gree

 

⑥ファンコミュニケーションズ (目論見書)

設立:1999年10月

事業の概要:

・アフィリエイト広告サービス、自社媒体運営、他社媒体広告販売が事業の中心。

・アフィリエイト広告サービスの売上高構成比が高く、2004年94.3%、2005年97.7%。

・6期目時点で、従業員37名。

スクリーンショット 2013-09-23 15.50.40

fan

 

⑦アドウェイズ (目論見書)

設立:2001年2月

事業の概要:

・アフィリエイト広告事業(PC、モバイル)が事業の中心。

・上場時は、PC向けアフィリエイト広告事業が、売上高7.95億円、営業利益1.18億円。モバイル向けアフィリエイト広告事業が、売上高5.55億円、営業利益1.48億円。

・6期時点で、従業員57名。

スクリーンショット 2013-09-23 15.51.13

adways

 

⑧リブセンス (有価証券報告書)

設立:2006年2月

事業の概要:

・求人情報メディア事業、不動産情報メディア事業が事業の中心。

・売上高構成は、求人情報メディア事業の比率が高い。5期時点では96%を構成。

・5期時点で、従業員26名。

スクリーンショット 2013-09-23 15.51.33

リブセンス